complate

芝健診センター

HEALTHあなたの街へ巡回健診
NAVI

婦人科検診について

女性スタッフによる女性のための検診


最近では、
メディアなどで婦人科検診の重要さが取り上げられる機会も多く、
女性の意識も高まってきているようですが、婦人科検診は女性にとってなかなか足が向かないもの
しかし、子宮がんや乳がんなどの病気は、決して人ごとではありません。
婦人科の病気の中には自覚症状がほとんどないものもあり、定期検診が早期発見、早期治療につながります。
なにかあったら……では遅いのです。
病気の早期発見、不調や不安の解消のために、そして健康な毎日を送るために、
年に一度の婦人科検診をおすすめいたします。
当院は女性医師・スタッフによる検診・検査により、女性のみなさんがが安心して
受診していただける環境づくりをめざしています。

 

お申込み

※下記「婦人科検診スケジュール」を、ご確認の上お申込みください。

 

乳がん検診の流れ

婦人科検診の特徴

 

[当センターの特徴]  

1 乳がん・子宮頸がん検診・検査は、
すべて女性スタッフが
おこないます。  

当センターで実施している
乳がん検診・子宮頸がん検診は、 全て 女性医師・女性技師が
診察・検査を行っております。

2 マンモグラフィの検査・判定は、
認定を受けている医師・技師がおこないます。 

マンモグラフィの判定は、
日本乳がん検診精度管理中央機構の
「検診マンモグラフィ読影医師A」を取得している医師が二重読影を行っています。
また、
マンモグラフィ撮影は「検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師」の
認定を受けている技師が担当しています。

3 検診結果についての
ご相談をお受けしています。

婦人科検診の内容は、男性には相談しにくい内容もあるかもしれません。
当院では、専任の女性保健師がご相談をお受けしています。
お気軽にご相談下さい。

早めのご受診が望ましい方、特にがんの疑いが濃厚な場合、
重度の疾患などが疑われる場合は、検診結果をお届けする前の
早い段階でご本人様へ連絡致します。

4 女性医師による乳腺外来
を設けています。

乳がん検診で精密検査になった場合や
乳房について相談したい場合には、当院の乳腺外来をご受診下さい。

毎週火曜の午後(完全予約制)に診察を行っております。
診察を行う医師、検査を行う技師は全て女性スタッフです。
ご希望の場合や診察して必要な場合には、
下記の
病院などへのご紹介もしています。

 

[当院近隣の紹介先]
東京慈恵会医科大学附属病院、東京都済生会中央病院 、
虎の門病院、聖路加国際病院、慶応義塾大学病院、癌研有明病院、
国際医療福祉大学三田病院、各がんセンター、その他

ご自宅近く・ご実家近く・引越し先など遠方の
医療機関へも
随時ご紹介しております。

検診スケジュール

 
4月   15    
5月   20    
6月   17 18・25  
7月   1・8・15・22・29 23  
8月   5・12・19・26 20  
9月   2・9・16・30 10  
10月 7・14・21・28 1・15・22・29  
11月 4・11・18・25 12・19・26 23
12月   2・9・16 10  
1月   20    
2月   17    
3月   17    

 

    

      

   

    ●
    ※自覚症状(しこりが触れるなど)がある場合は、乳がん検診ではなく、
    乳腺外来ををご受診ください。
    ※ご家族に乳がんの人がいる場合は、追加検査をおすすめします。
    ご相談ください。

乳腺エコー ¥3,240
マンモグラフィ検査(1方向) ¥4,320
マンモグラフィ検査(2方向) ¥6,480
マンモグラフィ検査(2方向)+乳腺エコー ¥9,720
子宮頸がん検査   ¥5,400
子宮頸がん検査 +HPV(ヒトパピローマウイルス)検査 ¥11,880
CA125(婦人科の腫瘍マーカー)血液検査 ¥3,240
骨密度検査 ¥2,160

 

HPVウイルスとは?

HPVウイルスについて当センターでは、2010年度よりHPV検査(ヒトパピローマウイルス検査)の実施を開始しました。

HPVにはハイリスク型とローリスク型があり、
子宮頸がんを引き起こすのは、発がん性HPVといわれるハイリスク型のみです。
このハイリスク型のHPVに感染しているかどうかを
検査で確認することが出来ます。

 

子宮頸がん検査(頚部のみ)+HPV検査¥11,880

(HPV検査は子宮頸がん検査とセットでお申し込みください)

●HPVについて、より詳細な情報をお求めの方は、こちらのPDFをご覧ください。
→ HPVと子宮頸がん

 

ご加入の健康保険組合様によっては、助成制度の利用が可能です。
お気軽にお問合せください。

TOPへ